スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
冠婚葬祭
 人が社会で生きていく上で、冠婚葬祭を無視することはできないのだろう。
 慣習の強い田舎などならともかく、隣家の顔もあまり覚える必要のない場所で生きているのなら、冠婚葬祭における行事もさほど格式張る必要もない。
 おおよそ常識的でありさえすれば、問題はないと思う。
 また結婚式など、めでたい場所でならある程度のマナー違反も許されたりする。
 とくにそれが顕著なのが、結婚式でよく言われる忌詞である。
 わかれる、きれる、などの縁起の悪い言葉は使ってはいけませんということなのだが、そもそもウェディングケーキに御入刀などと、新郎新婦みずからケーキを「切って」いるのだから、言葉を少々言い繕ったところでどうしようもない。
 そんなわけで、友人の結婚式の余興で模造刀をぶんまわしたことがある。
 新郎と新婦の大きな写真を用意して、それをまっぷたつにたたっ切るクセモノを、新郎が白刃取りするという寸劇。
 ……いま、こうして考えてみると、よくもそんなもん考えたな……と自分がちょっと揺らいでしまった。
 ともあれ、そんなのでも笑って許されるのだ。
 めでたい席でなら、笑っていればそれだけで良い。
 のだが、これが親戚や上司や、会社関係ということになるとそういうわけにはいかなくなる。
 そんなときに助かるのがこういうサイト→冠婚葬祭マナーガイド
 私も本を一冊、持っているのだが、それより詳しくわかりやすかったりする。
 結婚式に招かれたときの招待客のマナーからお中元&お歳暮のマナーまで、手広く紹介してくれている。
 
 
 
スポンサーサイト
【2009/02/20 20:33】 | 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<システムだけじゃない! 名作ファントム・ブレイブ | ホーム | iタウンページの動画CMコンテスト、結果発表!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://katarian.blog29.fc2.com/tb.php/358-1ffd0f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。