スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
NPO/NGOの意義
 人権、平和、環境、開発などの援助活動を、国境を越えて地球的規模でおこなう民間団体を国際協力NGOと呼ぶ。
 また、リサイクルや自然保護に取り組むNGOのことを、環境NGOと呼ぶ。(日本野鳥の会など)
 それらNGOの名前は、普段テレビを見たり、新聞を読んだりしていれば自然に入ってくる情報である。
 さて、世の中にはNGOの他にも、NPOと呼ばれる利益を目的としない組織がある。
 NPOとNGOは、ともに非営利の組織だが、NGOは政府機関組織であり、NPOは「民間」非営利組織であるという大きな違いがある。(他に細々とした違いはあるが)
 つまり、普段よく耳にする名前はNGOであることが多いが、実際に僕たちが参加しやすいのはNPOであると思われる。
 もちろん各団体によってまちまちではあるが、たとえばボクの地域にもNPO法人はある。なにをしているのかといえば、川の清掃が主な活動だ。気軽に活動に参加できるし、メンバーになるのも簡単である。もともとは、ボランティア団体だったものが大きくなり、組織としての対外的な信用などを得ていくためにNPO法人という形を取ることになった。
 (それらの立ち上げに対して興味のある方は 『NPO/NGOをつくる』 を参照してみるといい。)
 さて、このように語ると、NPOとはボランティアの延長であるように思われるかもしれないが、
 この違いについて、はじめてのNPO・NGOガイドというサイトにあるコンテンツのひとつ「NPO/NGOとボランティア」では、
 NPO=営利を目的とせず、ある社会的な課題の解決のために活動する非営利/非政府組織。
 ボランティア=自発的な発意に基づいて、活動に対する金銭的な見返りを求めずにおこなわれる社会的な活動、またはそのような活動に参加する人。
 さらに、一定規模以上の活動を継続的におこなうために、専門家や専従のスタッフが必要な場合、有償のスタッフを確保するということが一般的であることなどをあげ、「NPO=ボランティア団体」ではないと説明している。
 (とはいえ、一般的には同じようなものではないかとボクは思っている)
 ともあれ、今日よりも素晴らしい明日を目指していく意志の集まりである。
 大いに活躍してもらいたい。

スポンサーサイト
【2009/04/16 12:38】 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<セブンアンドワイ nanacoポイントのキャンぺでポイントをGet! | ホーム | 理想のキッチン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://katarian.blog29.fc2.com/tb.php/388-b47f9d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。