スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アロマテラピーの歴史 好きな香り
 「Aroma(芳香)」と「therapy(療法)」が合体して! 
 その名は「アロマテラピー」!!!
 ……そんなに「!」を使うことでもないんだけど、このアロマテラピーという言葉が誕生したのは1930年頃。
 けれど、アロマテラピーの自体は紀元前4000年くらいからあったとかどうとか。
 たいしたものじゃないかアロマテラピーの歴史というものは!
 私などは、ただ香りを楽しんで心地よくなるだけのものでしょって理解してたんだけど、アロマテラピーガイドの記事を読んでみると → 頭のてっぺんからつま先まで、つまり偏頭痛から水虫にいたるまで、体のすみからすみまでトラブルを改善してくれるとかなんとか。
 うーむ。
 ところで、香りと言えば、私は青銅の匂いが好きだ。
 ……マイナーなとは思わないこと。日本人ならだれでも日常的に触っているアレだよ。
 10円玉。
 私は暇なときにコインコントロールとかして遊んでいるんだけれど、そうするとお金の匂いが指にうつるんだ。100円玉や50円玉はほとんど香りがない。1円玉のアルミの匂いはあんまり好きじゃない。
 なんとなくだけれど10円玉の匂いが好き。
 あとは、紙幣だね。千円札より、5千円札、さらに1万円札最高! (^_^;
 そういえば中学生の頃に読んだショートショートに、どんな人間も虜にする香りを作り出した科学者がいて、さてこれはとんでもないものを発明してしまったぞとかなんとか、紆余屈折あって、助手の手によってその香りは紙幣に吹き付けられたとかなんとか。そんなお話しがあったっけ。

スポンサーサイト
【2009/04/18 11:56】 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<保険の比較で重要視するべきは | ホーム | セブンアンドワイ nanacoポイントのキャンぺでポイントをGet!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://katarian.blog29.fc2.com/tb.php/390-b4ee7452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。