スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
突然の疲労
 だいぶん坂道を転がりのぼるのにも慣れた……って思ってた。
ふんっと足を踏ん張れば自転車はぐいっと進む。
 いつもの坂を登っても、そんなに息切れもしなくなっていた。
 だから、今日はびっくりした。
 いつもの坂を途中まで登って、コンビニに寄ったんだ。
 自転車を降りたときに、目眩がしたのだけれど、たいしたことないって考えて、そのままコンビニのなかに入って……ふらふらしてたんだけど、とうとう歩いていられなくなって雑誌コーナーで本を手にとって休むことにした。
 立ち止まると、イヤな汗がだらだらと流れた。
 呼吸が、どんどん狭くなってくる。
 下の段の雑誌を選ぶふりをして、しゃがみこんだ。
 心臓がうるさい、呼吸音がうるさい、視界が暗い。
 そのうちに体調はもどったのだけれど。
 あのときのボクを見てた人は、ボクのことをどう思っただろう?
 コンビニ雑誌を読みながら、しゃがみこんで、ハァハァ言ってるんだもの。わぁーちかづきたくない!
 
 それにしても、あの突然訪れた疲労(?)はなんだったんだろう?
 

スポンサーサイト
【2008/01/04 09:58】 | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<目にレーザー照射とか | ホーム | 探偵ガル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://katarian.blog29.fc2.com/tb.php/53-a2966908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。