スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
細胞とか
 体重50Kgの人間は、およそ60兆の細胞で成り立っている。
 それならば、体重100Kgの人間は120兆の細胞があるのかというと、そんなことはなかったりするのが人間の不思議である。
 では、体重が二倍の人はどうなっているのかといえば、答えは簡単。
 細胞が太っているのである。
 もちろん太らない細胞もあるわけだが、基本的に細胞は分裂階数が決まっている。
 そのため、2倍に増えるなんてことはできないわけだ。

 ちなみに腸内細菌は100兆いるわけで、こいつらは人の細胞よりも圧倒的に小さい。
 腸内細菌の他にも、皮膚の上にも、口内にも、えとせとら、多くの最近が住みついている。

 
スポンサーサイト
【2011/09/28 13:37】 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<古い友人の話(金遣い) | ホーム | 上司に付き合ってはるばると……>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://katarian.blog29.fc2.com/tb.php/686-ff5c2410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。